看護師の年収、本当に高い? - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師の年収、本当に高い?

看護師の年収、本当に高い?

『就職先が多く、働く場所に困らない』
『結婚や出産、子育てをした後も生かせる、一生ものの資格である』
このようなことなどから、目指す人も多い看護師。
従来は『女性の職業』というイメージが強くありましたが、最近は女性だけでなく、男性の看護師も増えてきています。

看護師のメリットの一つが、収入の多さです。
看護師の給与は、全国平均で33万円。
ボーナスは87万円前後で、年収は470万円程度。
これは、同世代のサラリーマン男性とほぼ同額に当たります。
また、景気による変動はあまりなく、高い水準で安定しているという特徴があります。
昇給率が少ないというデメリットはあるものの、同世代の女性と比べると、かなりな高給と言ってよいでしょう。

では、実際に勤務している看護師は、この給与に満足しているのでしょうか?
実は、現場の看護師の多くは、『勤務のきつさに対して、給与が少なすぎる』『仕事に対して、給与の金額が割に合っていない』と、感じているといいます。
正直、『残業代がなくてもいいから、定時で帰りたい』と思っている人もいるとか。
『給与の金額=理不尽代』といいますが、給与が高い分、看護師の仕事は精神的にも肉体的にも大変なもの。
やはり世の中、『楽をして高給が望める』ような仕事はなかなかないようです。

では、『ある程度の給与を確保しながら、プライベートも充実させる』ような、看護師としての働き方はないのでしょうか?
その方法の一つが、『派遣やパートの看護師として勤務する』ということです。
一般的な派遣やパートに比べ、看護師の時給は高く、1500円~2000円前後という場合も少なくありません。
そのため、月に20日、一日8時間の勤務をしたとしても、十分な収入を得る事ができます。
また、派遣であれば残業もなく、休日もきちんと確保することが可能です。

現在は看護師専門の求人サイトも多く、自分の希望や都合に合わせ、さまざまな派遣やパートの求人を探すことが可能です。
看護師としての働き方は、ひとつではありません。
ライフステージの変化に合わせて、自分に合った勤務の仕方を見つけてみてはいかがでしょうか。