看護師の夜勤が楽な職場 - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師の夜勤が楽な職場

看護師の夜勤が楽な職場

看護師として勤務を続けるうえで、大変なことの一つが夜勤です。
体力的にも厳しいうえ、精神的な負担も大きい夜勤。
夜勤が原因で過労になったり、仕事を続けられずに辞めていく看護師も珍しくはありません。
『できれば、夜勤のない職場で働きたい』そう思っている方も、少なくないのではないでしょうか。
では、『夜勤がない職場』や『夜勤が楽な職場』とは、どのようなところなのでしょうか?

まず、夜勤が楽な職場を見てみましょう。
総合病院勤務の場合、比較的夜勤が楽だとされているのは、自分で歩くことのできる患者さんの多い精神科や、介護士が常駐している慢性期病棟です。
これらの病棟では緊急性の高い患者さんが少ないため、夜勤の時に突発的な仕事が発生する可能性が低くなり、ルーチンワーク以外の業務をする必要がありません。
また、専門の介護士がいる場合、看護師の仕事の負担が減るので、体力的にも楽だと言えます。

次に、夜勤のない職場を見てみましょう。
夜勤は、どの病院にもあるわけではありません。
夜勤がシフトに入っているのは、入院施設のある、24時間体制の総合病院です。
そのため、病院の外来やクリニックに勤務した場合、夜勤は基本的にありません。
特にクリニックの診療時間はだいたい8時~17時までのことが多く、クリニックに勤めれば、一般企業とさほど変わらない勤務をすることができます。
また、残業もあまりなく、定時に上がれることがほとんどです。
ただし、診療時間は病院によって違いがあります。
クリニックでも遅くまで診療を行うところもありますので、就職の際は良く調べてから決めるのがよいでしょう。

また、訪問看護の現場や介護施設などで勤務するのも、選択肢の一つです。
このような現場では派遣やパートの看護師募集が多く、『日勤のみ』『夜勤なし』といった勤務形態を選ぶことが簡単です。
『看護師として働くには、必ず夜勤をしなくてはならない』ということはありません。
自分に合った働き方で、夜勤のない職場を選んでみてはいかがでしょうか。