看護師の結婚事情 - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師の結婚事情

看護師の結婚事情

『結婚しても働き続けたい』『できれば、一生続けられる仕事をしたい』
そうは思っていても、実際にはなかなか難しいのが、女性というもの。
結婚や出産、育児や介護といった家庭の事情で仕事を辞めたり、働き方を変えざるを得ない女性は珍しくありません。
看護師の場合も、それは例外ではありません。

医療現場に従事する看護師の仕事は、ハードなもの。
給与は高いものの、休みが取れない、夜勤がある、仕事の責任が重いなど精神的にも体力的にも厳しく、『仕事と家庭の両立は難しい』『子育てをしながら看護師は続けられない』と、結婚や出産を機に看護師を辞めたり、働き方を考え直したりする人は多くいます。
産休や育休を取得したり、子育てがひと段落して職場復帰する場合もありますが、中にはそのまま現場を離れてしまう人も珍しくありません。
では、結婚や出産をしても看護師を続けていくためには、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?

大切なポイントのひとつが、結婚・出産をしても働き続けられるような職場を選ぶことです。
産休や育休、あるいは保育所の併設などの体制が整っているか。
それらの取得実績はあるか。
まわりに同じ立場の人はいるか。
子育てに対する、職場の人間の理解はあるか。
このような環境やまわりのサポートがないと、いくら本人に意欲があっても、子育てをしながら仕事を続けていくことはなかなか難しいもの。
無理をして働いても、結果的に続かず、辞めざるを得なくなる場合がほとんどです。
もし、『今の職場では、家庭と仕事の両立が厳しい』と思うのなら、結婚を機に条件の合った職場に転職したり、負担の軽い部署への異動願いを出すのも一つの手です。
また、同じ職場でもシフトを常勤からパートに変えたり、夜勤をやめて日勤のみにするという人もたくさんいます。

看護師のメリットの一つは、『一生ものの資格であること』。
せっかくの看護師資格を、眠らせてしまうのはもったいありません。
できれば自分のライフスタイルに合わせ、長く続けていきたいものです。