看護師の介護現場への転職 - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師の介護現場への転職

看護師の介護現場への転職

『一度取れば、一生役立つ資格である』『就職先に困らない』ことから、人気の資格である看護師。
女性のイメージが強い看護師ですが、最近では、男性でも看護師資格取得を目指す人が多くなってきました。
看護師が働く場所は、病院だけではありません。
企業や学校、役場、保育園など、看護師は様々な現場で活躍しています。

看護師が働いている職場の一つが、介護施設やリハビリ施設などの介護現場です。
高齢化が進む現在、介護施設での看護師の需要は高まっており、病院勤務から介護現場に転職したり、子育てからの復帰先に選ぶ人も少なくありません。
このような介護現場は、大きく4つに分けることができます。

一つ目は、患者さんの自宅に訪問して介護や看護のサービスを行う、『訪問介護』の現場。
専用の入浴車による訪問入浴や、リハビリテーションなどをする訪問看護のサービスが、よく知られています。

二つ目は、患者さんを自宅から事業所まで送迎し、事業所での介護サービスを提供する『通所介護』の現場。
通称、『デイサービス』とも呼ばれ、入浴や食事の提供の他、レクリエーションなどのサービスも行っています。

三つ目は、介護施設などに入所している患者さんへ介護サービスをする、『施設系』の現場です。
患者さんの要介護認定程度に伴い、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、有料老人ホーム、軽費老人ホームなどさまざまな施設があり、受けられるサービスも異なっています。

四つ目は、ひとつの事業所内に、『訪問』『通い』『短期間の宿泊』という三つの要素を備えた『小規模多機能型居宅介護』と呼ばれる施設での介護サービスです。
このような施設では、『通い』を中心に他の要素を組み合わせ、介護を必要とする患者さんに、柔軟なサービスを提供しています。

派遣やパートなど働き方の種類も多く、全国的に求人募集が絶えない介護現場。
勤務先を選べば、『夜勤なし』『日勤のみ』『土日休み』という働き方も可能です。
今の職場に悩んでいる方は、介護現場を転職先として考えてみてはいかがでしょうか。