看護師と助産師、資格の違いは? - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師と助産師

看護師と助産師、資格の違いは?

病院で患者さんの看護や医師のサポートをする『看護師』と、産婦人科や助産院などで出産に立ち会う『助産師』。
二つの資格の違いは、なんなのでしょうか?

まず最初の違いは、資格の取得の仕方です。
看護師には『正看護師』と『准看護師』という二つの資格があります。
准看護師の方がなるのは簡単ですが、待遇や給与の面などで不利な点が多く、将来的なことを考えて正看護師を目指す人が一般的です。
正看護師になるには、看護の専門学校、もしくは看護大学を卒業し、国家試験に合格しなくてはなりません。
資格取得までにかかる時間は、専門学校や短大なら3年。大学の場合は、最短で4年間です。

一方、助産師になるには看護師の資格を取得した後、専門の助産師養成機関、もしくは大学で一年以上の教育と実習を受け、助産師の国家試験に合格することが必要です。
この養成学校に入るには、基本的に看護師の資格を持っていなくてはならず、一般の方がいきなり入学することはできません。
つまり助産師は、正看護師資格をさらに専門的にスキルアップした資格と言えます。
資格取得までに要する時間は、最短で『看護学校3年、養成所1年』の四年間。
看護大学の場合、『大学4年、専攻科1年』の5年間か、『大学4年、大学院2年』の6年間のコースがあります。

また、行うことのできる業務にも違いがあります。
助産師は医師の指示がなくても赤ちゃんを取り上げることができますが、看護師はたとえ医師の指示があっても、助産行為をすることはできません。
また、日本では看護師が看護業務のみの独立開業をすることは認められていませんが、助産師は自分で独立し、『助産院』を開業できるという特徴があります。
また病棟勤務の場合、助産師として採用されると、他の部署へ異動になることが少ないという利点もあります。

現在は少子化に伴い、全国的に助産院や産科のみの病院は減り、助産師養成所の数も少なくなってきています。
時間はかかるものの、助産師の資格取得を目指す時には看護学校から養成所に進むよりも、看護大学から専攻科、もしくは大学院に進むのがお勧めと言えるでしょう。