看護師免許の氏名変更、どうやってするの? - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 看護師免許の氏名変更

看護師免許の氏名変更、どうやってするの?

結婚や離婚で氏名が変わった時、忘れてはならないのが各種免許や銀行口座などの氏名変更です。
それは、国家資格である看護師の免許も例外ではありません。
では、看護師免許の氏名変更が必要な時は、どのようにすればよいのでしょうか?

看護師免許の書き換え申請は、保健所で行うことができます。
書き換えに必要なのは、保健所にある『書き換え申請書』、『戸籍抄本、もしくは戸籍謄本』、『印鑑』、そして現在使用している『看護師免許』の原本です。
申請書は収入印紙となっており、一枚ごとに1000円の手数料(印紙代)がかかります。
このうち、戸籍抄本(もしくは謄本)は、発行されてから6か月以内のものしか使うことができません。
もし手元にあるものの期限が切れている場合には、再度役所に行って発行してもらうようにしましょう。
また、印鑑はシャチハタは不可で、朱肉印しか使用できません。
もちろん旧姓ではなく、新しい名前の印鑑を用意する必要がありますので、間違えないようにしましょう。

書き換え申請を行う期間は、氏名変更から30日以内と定められています。
つまり、婚姻届や離婚届を提出・受理された日から、30日間です。
もし何かの理由で30日を超えて申請した場合には、申請書とともに『遅延理由書』を出さなくてはなりません。
また、書き換え申請より先に氏名変更がなされたときには、今持っている看護師免許は無効となり、無資格の状態になってしまいます。
看護師の業務は忙しいもの。
いつ、予定していた日に急な仕事が入るとも限りません。
もしものために申請には余裕を持って、変更手続き3か月前には必要書類を準備しておくのがおすすめです。

また、氏名変更以外にも、引っ越しなどで住んでいる都道府県が変わった時には、免許内容の書き換え申請をする必要があります。
ただし、同じ都道府県内で本籍を変更した場合は、その必要はありません。
また、看護師免許を無くしたり、破いたりしてしまった時には、再交付を申請しなくてはなりません。
もしもとの免許が出てきたら、5日以内に保健所に返納するようにしましょう。
大切な看護師免許の書き換え申請、忘れずに行うようにしましょう。