認定看護師の更新 - 看護師資格を活かして働こう

看護師資格を活かして働こう > 認定看護師の更新

認定看護師の更新

認定看護師、という言葉を聞いたことがおありでしょうか?
認定看護師とは、特定の看護の分野における看護師のスペシャリストのこと。
国民への質の高い医療提供を目的に、日本看護協会によって制定されました。
現在は救急看護をはじめ緩和ケアや集中ケアなど、21の分野で認定看護師が認められており、看護師の新しいキャリアとして注目を集めています。
では、認定看護師になるには、どうしたらよいのでしょうか?

認定看護師になるためには、看護師資格を取った後5年以上の実務経験を積み、専門の教育機関で半年間の教育を受けた上で、認定試験に合格しなくてはなりません。
また、実務経験のうち3年以上は認定を受けたい分野での看護経験が必要であり、その内容についても規定が設けられています。
たとえば訪問看護の分野で認定看護師になりたければ、看護師になってから3年以上は、訪問看護の現場で実務を経験しなくてはなりません。
認定分野での勤務経験がないのに、いきなり認定看護師を目指すことはできないのです。

また、この認定看護師の資格は、一度取得して終わりではありません。
看護の高い質と水準を保つため、認定看護師資格は5年ごとに更新することが定められています。
その際には看護の実践と自己研さんの実績について書類の審査が行われ、合格レベルに達しなければ、認定資格を失うことも考えられるのです。

このような厳しい条件の認定看護師ですが、医療の高度化や専門家に伴ってその活躍の場所は増えており、認定希望者の数は年々増加しています。
ただし、現在は認定看護師の教育機関が限られていることや、連続して昼間に半年間の授業を受けなくてはいけないことなどもあり、本人の希望だけでなく、家族や職場のサポートがなければ資格取得は難しい状況です。
将来的な医療や看護の充実のためには、教育機関を増やす、教育体制を柔軟にする、国の法的サポートを整備するなど、このような状況の改善が必要だと言えるでしょう。